ママシンガーNAMI、満を持して1年ぶりの復活~はぴはぴ海老名Vol.108~

平成30年5月27日、海老名ビナウォーク内海老名中央公園円形ステージにて、ストリートパフォーマーの登竜門『はぴはぴ海老名』Vol.108が開催され、出産を機に休業していたシンガーNAMIがママシンガーとして約1年ぶりに元気な姿を見せた。他にも初ステージで初々しいパフォーマンスを見せたshance、Scramble.など見どころいっぱいのイベントであった。

「ワッショ〜イ!」が合言葉、お祭りアイドル 及川まつり

お祭り大好きな『手のひらサイズアイドル』のまちりんこと及川まつりさん。お客さんとは合言葉「ワッショ〜イ!」と掛け合い、元気溌剌のパフォーマンスを見せた。そんな彼女も海老名ビナウォークは馴染みの場所のようで、「久しぶりに帰ってきました」と喜んでいた。小さい頃はサンダルを持ってきてで噴水に入る気満々で遊びに来ていたそうだ。

初ステージのshanceは歌にダンスに『初』らしからぬパフォーマンスを披露

shanceは、島根県出身でダンス担当のひよりさんと神戸出身で歌担当のこっちんさんの2人からなるユニット。2人ともまだ上京したばかりで、東京の生活にも慣れていないんだとか。あるメンバー募集サイトで知り合ったのがきっかけでshanceを結成し、今日の初ステージに臨んだそうで、歌にダンスに『初』とは思えないパフォーマンスを見せてくれた。

本来は男女7人組ユニットのScramble.、うち二人がお披露目ステージ

Scramble.は本来、男性4名、女性3名からなるダンスユニットである。この日は、これまで何回かソロで活動していたSakiさんこと阿部美咲さんがユニットのリーダー川崎正明さんを応援として呼んで、Scramble.としての初ステージが実現した。ダンスはまだ練習中とのことで、この日は歌だけの披露となったが、夏ごろには全員でデビューをする予定だとか。

monochromeのステージには可愛いミニmonochromeが…

4月1日の『はぴはぴ相模原』で、monochromeのステージ中、男の子と女の子の兄弟が飛び入りでパフォーマンスを行ったのは記憶に新しいが、この日もミニmonochromeとして再登場し、めいさん、しょうさんに、めいちゃん、りくくんを加えた4名によるステージが繰り広げられた。monochromeの二人もこの子たちが大好きなようで、幼稚園の先生にでもなったかのように楽しそうに歌っているのが印象的であった。

ママシンガーとして1年ぶりに復活、お子さんも初ステージ!? NAMI&Katy

約1年間、出産と子育てのために活動を休止していたNAMIさんがママシンガーとして帰ってきた。この日は、本日のイベントをプロデュースしたFreeHub代表のKatyさん、そしてお子さんを加えた家族ユニットとして登場。NAMIさんは、椎名林檎さんとか宇多田ヒカルさんのようにママとして活躍しているシンガーをリスペクトしていて、今後は、家族とかお母さんをテーマとした歌をたくさん歌っていきたいとのこと。再始動したNAMIさんのこれからの活動が楽しみである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする