舞台には、その場その場の熱量があるんです 長井愛彩

女優の長井愛彩(ながいあや)です。劇団FREE SIZE、及び、Office FREE SIZEに所属して、女優としては舞台中心の活動をしています。また、歌手活動もしていて、ソロの他、ダンスボーカルユニットStar(シュタール)にも、真琴という名前で所属し、定期的にライブに出演しています。
注)ダンスボーカルユニットStarの活動については、先に公開した黒澤彩紀さんと内容が被るので、こちらでは載せておりません。黒澤彩紀さんのインタビューをご覧ください。

舞台を始めたきっかけを教えてください

高校の頃、声優を目指している友達がいて、「声優学校のオープンキャンパスに行くから一緒に行かない?」って誘われたんです。私もアニメは好きだったので、ちょっと興味があったし、軽い気持ちでついていきました。いくつかのキャンパスを回っているうちに、俳優のコースがある学校もあって、以前から気になっていたし、オープンキャンパスに参加したことで、より強く興味を持つようになり、結局、専門学校に入る決心をしたんです。当時は舞台ってどういうものか殆ど知りませんでしたが、学校で舞台についての授業を受けるにつれて、映像では感じられないその場その場の熱量を感じ、舞台は10回公演があったら全部が違うものになると感じるようになりました。これが徐々に私を舞台の世界に引き込み、演技=ドラマ、映画だと思っていた概念を崩すまでになったんです。

それで事務所に所属することにしたんですね

はい、専門学校を卒業するときに、講師の先生に、「学校卒業したら、テレビにも出たいし、舞台もやりたいです。」と話をしたら、「芸能事務所が持っている劇団に入ったら?」とアドバイスを受けました。専門学校を卒業したら、東京に出てくることは決めていたので、雑誌などを探して、アドバイスいただいたような事務所を探し、その結果、たどり着いたのが、現在所属の『劇団FREE SIZE』なんです。主宰を含め、男性5人、女性2人が所属していて、その劇団員全員が、『Office FREE SIZE』にも所属しています。

劇団では、定期的に春と秋、2回の公演があり、劇団ということで、衣装を揃えたり、小道具作ったり何から何まで自分たちでやらないといけないので、大変ですが、私の場合、裏方も楽しいので、凄くやりがいを感じています。それ以外にも『Office FREE SIZE』での企画舞台があり、出演者としてだけでなく、受付など裏方業務にも積極的に関わっています。この3年間は、小中高校生中心のジュニアミュージカルを公演していて、制作方面でも関わらせてもらっいます。

それでは、初めて出演した舞台について、教えてください

最初に出演した舞台は、劇団に所属した年の10月に上演された『バカとロミオとジュリエット!(再)』という舞台です。主人公の男性が突然亡くなっちゃって、眼が覚めたら、そこにはシェークスピアがいて、なぜかロミオとジュリエットの世界に入ってしまう。ここでのシェークスピアは全く物語が書けない駄目野郎、ロミオとジュリエットも全然くっつきそうもない。このままだとあの名作ができないと思った主人公が死後に、ロミオとジュリエットを後世に残すために奔走するというストーリーです。

私は、主人公が所属していた現世の劇団員の役として出演しました。この頃は、何もわからずで、劇団員としてやらなくてはならないことがよくわかっていなかったし、芝居も下手だったので、見るに堪えないようなものだったかもしれないです。演出の方が言っていることも全然わからなくて、いろいろダメ出しされても何がダメなのかもわからず、苦労の連続だったように思います。

これまで出演した舞台で印象に残っているものをいくつか紹介してください

そうですね、2016年秋の『野郎ども!島が見えたぞ!』は印象に残っていますね。これは海賊の話なんですが、初めて洋殺陣に挑戦したんです。劇団の主宰が和殺陣のワークショップも行っているので、そちらは経験していたのですが、洋殺陣は使用する武器も違うので、扱い方がなかなか慣れないし、なにしろ大人数が出演していたので、舞台上をぶつからんばかりのひしめいた状態で、細心の注意をして臨みました。私は女海賊団として主人公が乗船する海賊船に乗り込みましたが、男社会を描いたストーリーだったので、海賊っぽく荒々しさを表現するのが難しかったですね。

他に、印象に残っている舞台はありますか

昨年の2月に『チア!!』という大学のチアリーディング部をテーマにした舞台に出演したのですが、これが、出演者の絆を深めることができたという意味では、凄く印象に残っています。なにしろ、私はチアリーディングの経験はなく、ダンスだって得意なわけじゃない。出演者の中にチアリーディングができる人が3人しかいない中で、お客さんに精一杯の技を見せないといけない。チアリーディングやダンスを学びながら、セリフも覚え、演技もしなくてはならない。どれに重点をおいたらいいのか…、悩みましたね。

しかもこの舞台特有のルールがあって、途中3段の塔を作る演技があるのですが、それに3回失敗すると、そこで終了しなければならなかったんです。このルールは本番でも適用されたのですが、私たちは最後の稽古で3回連続失敗をしてしまったんです。最後に成功の不安を残したまま本番に突入、さすがにここでは不安も重なって泣きましたね。もしも本番で失敗してしまったら、気分がすぐれないままエンディングを迎えないといけない。まさにマルチエンディングっぽい舞台でした。本番では……、各公演とも一度も失敗することなく、見事に成功したんです。もう固い絆で結ばれましたね。ここでもまた泣いてしまいました。

最後に、今後の活動について教えてください

舞台は、ずっと続けていきたいです。だけど、親や親戚にも私の活動を届けたいので、テレビにも出られるようになりたいです。来年は、映像の仕事も増やせていければいいなあって思っています。当面のスケジュールとしては、1月11日には、ソロでの音楽活動として、新大久保のCLUB Voiceでアニソンオールナイト、3月には日暮里d-倉庫でコメディ作品の『shuffle!6』が決まっています。Star(シュタール)は、一旦区切りをつけるけど、今後も可能なら続けたいという方向になっていますので、また活動再開することもあるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする