初のシングルベスト『おはこ煎じ』発売。テーマは二番煎じではなく十八番煎じ! 百山月花

7月13日のワンマンライブで、初のシングルベストを発売するそうですね

はい!今までに販売していたシングル曲、カップリング曲、あとはCD販売していなかった音源など、計10曲を収録した、百山月花として初めてのシングルベストアルバムを発売するんです!コンセプトは、ずばり『おはこ煎じ』。 以前出した曲を同じ状態で出しても二番煎じだし、下手にアレンジを加えすぎてもイメージとかけ離れてしまって興ざめだし…。現行の曲をブラッシュアップしたつもりです!! 演奏も歌も新しく録り直しているんですよ。

収録されている曲について教えてください

  1. 親知らず
    1st.シングルです。「誰に必要とされているの?」、「いなくなっても気付かれない」、「こんな感情要らない」、絶対誰でも持ったことがある気持ちだと思うんですけどどうですか??
    これって心の成長には必要な感情なんですよね。子供が大人になるとかそういう単純明快な心のテーマではなくて…。心臓に絡みついてくる『モヤ』って吹き飛ばそうとしても自分のため息じゃ吹き飛ばせないんですよね。 そんな誰しも心当たりがありそうな思い出を書いてみました。こんな感情持ったことがないという仏のような人がいたらすごい!
  2. Sir
    親知らずのカップリングです。遠距離恋愛のつもりで書いたんですけど恋愛って時点でもしかしたら物理的な距離だけに留まらないんじゃなかなって、再録しながら思いました。相手がいて自分がいて、それだけで成り立つことでもないですよね。恋人がいても寂しい思いをするし、隣にいても寂しい時がある。主人公の寂しさをいかに純粋で幸せな生活に潜ませようかなと思ったとき、人は笑顔の中に寂しさを隠すもんだよなって思ったので、この子にはいつも笑わせられました。 でも不幸せは感じていないはずですよ。

  3. ヒーロー
    親知らずの会場購入特典でお配りしていました。ヒーローって正義感だったり、守りたいっていう気持ちのことを言うと思うんです。だから超人でも無敵でもないんですよね。傷つきながら僅差で勝って帰ってくるから私達もヒーローに自分を投影できるって思うんです。この曲の中のヒーローは巨大化するロボットや光線攻撃なんか出せないけれど、たった一人の大切な人の前だけはヒーローになりたくて頑張っています。ヒーローを戦隊もののヒーローとしてだけで見ずに、想いの形容として見てみると彼の気持ちが痛いほど伝わってくると思います。
  4. chocolade
    初音源化曲です。自分で言うのもなんですけどピュアッピュアな歌詞ってなかなか書かないんですよ。でも書いてみました。 少女マンガみたいなストーリーを描いていると女の子が男の子のことをとっても大好きで、男の子が振り向いてくれないけどめげずに頑張るっていう図がかわいいなって思いますね。これを読んだ世の男性は気持ちに気付いているのに変に裏読みしてかわしたり、またまた~って冗談みたくしたり、あんまり女の子をいじめちゃだめですよ。そんな態度をあなたの前でとっているっていうのは事実ですから!そんな経験?ないよ?って方は是非百山月花のライブにお越し下さい。涙で飲み交わしましょう。

  5. ゆとりの泣き虫ワーク
    2nd.シングルです。この歌詞は18歳の時に書きました。当時高校生だった時に進学でも就職でも学校で面接の練習があったんです。志望動機や自己PRをしながら自分を大きく言ってまでよく見せる、実態は伴っていないのに。そして背伸びしたまま決まった進路の大波におぼれながら、つま先立ちでたまに足を取られながら、なんとか呼吸して、海原からやっと出している顔も何度もぶたれて。そんな思いをした気がした18歳。何もかもがいつもいっぱいいっぱいだったけれど、そうやって波の乗り方も泳ぎ方も覚えて、生きていくという曲です。
  6. モデルマン
    ゆとりの泣き虫ワークのカップリングです。会社の50代以降のおじさんと20代後半から30代前半くらいの若者の会話劇です。おじさんのおじさんらしい少し気難しくて面倒なところと他人(とりわけ若者へ)の心に鈍感なところ、ウン十年とかいかにもらしい言い回しなどを詰め込んで書いてみたくて考えました。私自身の感情や女の子が主役の曲じゃないのでディテールが難しかったですね。

  7. Labyrinth World
    オリジナルピックのDL特典で、初音源販売化曲です。Labylinth Worldは小学校くらいの時から構想にあった物語です。本で読んだのか、なにかの紙芝居かテレビか覚えてないですけど、迷路に入って、その迷路にも意思があってどんどん成長していったり道が変わっていったら怖いなって思っていたんですよ。当時は出られなくなって怖い、どうしようってところまでしか考えがなかったですけど、歌詞にしてみてもっと残酷な恐怖にするとしたら一旦光を見せてからまた閉じ込める、なのかなって思って書き納めました。
  8. 万能なゴミ
    3rd.シングルです。主に携帯電話などの便利なツールです。好きな曲を着信音に設定しても面倒な関係性に煩わしさを抱いて、プライベートがプライベートでなくなってしまうし、どこにいてもどこに目を向けても人間関係が生まれて、要らない情報をぶつけられたり、そういうことを齎してくれる便利なツールです。「(笑)」と打っても「楽しい」と言われても笑ってないことがバレなければ楽しんでくれてるとも思えるし、とっても便利です。記念日も写真も友達も消すも残すも自分の意志一つ。それが携帯の操作なのか心なのかは自分自身次第ですけどね。

  9. マーガレット
    万能なゴミのカップリングです。小学生の甘酸っぱさもわからない、ただむずむず居心地の悪い、でも無視できないお話です。好きな子に意地悪しちゃうそんな男の子を描いたつもりです。小学生の時私自身も転校したことがあったし、仲が良かった子が転校しちゃったこともあって。今お友達が引っ越すってなったら遊びに行くねで済むんですけど、当時の転校って、今生の別れみたいな気がしていたのでよく覚えています。こんな体験こそなかったですけど、なぜか懐かしい気持ちになりながら歌っています。
  10. 雨のちヒーロー
    初音源販売化曲です。小さいころって見上げることばかりでなんでも新鮮だしなんにでも感心できたはずなんです。純粋な心が一番成長させてくれる、そんな気持ちで書き進めました。執筆当時は映画のロケ期間でたくさんの刺激がありました。周りの役者さんやスタッフさん、現地で協力してくれる地域の皆さん。みんながそれぞれの役割を楽しんで一歩ずつ同じ歩調で歩く心地よさと、一歩ずつが後には戻れない戦いであるという緊張感。人は人によって成長して、人は人の味方になる、駆け抜けていく頑張りソングというより、手を取り合って一緒に進んでいくような応援歌にしました。

今まで発売していたシングルと「おはこ煎じ」収録曲の違いを教えて下さい

全10曲の中でシングル曲はもちろん、シングルに収録していない『chocolade』、『Labyrinth World』、『雨のちヒーロー』の3曲も、すべてレコーディングし直しています。アレンジ面においてはバンドの編成や音色を変えるというよりは、より歌詞や単語が生きるようにキメや構成をいじりました。なので歌唱向上は意識しましたけどそれ以上に歌詞が伝わりやすくなっていると思います!!ミックスダウンは3rd.アルバム『百夜』でお願いして以来すっかり惚れ込んだエンジニアさんにお願いしました。あと細かいところで言うと『親知らず』、『ゆとりの泣き虫ワーク』、『マーガレット』のイントロ前のSEも追加変更してます。間違い探しって訳じゃないですけど、シングルCDを持っている方は違うところを探してもらえたりするとちょっと嬉しいです。

今回のライブは、2018年早くも2回目のワンマンだそうですが…

そうなんです、毎年基本的に12月18日のバースデーワンマンしかやってなかったんですけど…、今年はもう早くも2度目のワンマンなんです…。1月7日にもともと普通のライブ予定で、出演時間決まらないなあ、まだ回答待ちの出演者がいるのかなあなんて悠長なこと考えていたら、なんと23時くらいにスタッフさんから連絡が来たんです。「出演者全員インフルエンザで倒れました。」って。話を詳しく聞くと「動員が見込めないためイベント自体中止になりそう」みたいなことで、「じゃあ私がワンマンライブをやって動員してみせますよ、もう告知しちゃって仕事休んでくれてる人もいるんです、中止にはできないです。」って粘って開催したんですよ。集まってくれたみんなも頑張って合間で来てくれたり仕事無理して来てくれたりで…、本当にみんなのおかげで開催できました。空いた時間だけ来てくれるっていう方も多かったので、開始時も中盤も最後も会場はガラガラでしたけど(笑)、でも最終到達動員はよかったです、本当に感謝しています。


そしてそんな年明けがあっての今回のワンマン。2018年7月は百山月花がホームにしている下北沢breathの8周年なんです。そこでワンマンしませんか?って言われて二つ返事でした。ちょうどシングルベストもそろそろ出したいなと思っていたのでレコ発にして、タイトルも「ろっこめ!百山単独、遂に下北沢BREATHの8周年祝いに開催!即ち癒着」と、ホームぶりをアピールしてみました。

それでは、最近の近況について 教えてください

テーマ曲『きみとせかい』を提供させて頂いた映画『こども食堂にて』の全国上映が始まっています。こども食堂は、貧困に悩む子供が集まってご飯を食べる…、そんな暗いイメージではなく、大人も子供も、おうちの事情があってもなくても、みんなが無料または定額で食べに来て良い食堂です。そんなこども食堂をテーマにした映画です。私も実は少し出演させて頂いております。クラウドファンディングもしています、9月にアップリンク(渋谷)、横浜シネマリン(横浜)、10月にシアターセブン(大阪)で上映しますので、ぜひ観に来てください。
また、タカラトミーのCMが2本オンエア中です。ポケモンのおもちゃモンコレのCM『モンコレEX』、『モンコレキャッチャー』のBGMで歌を、そして、プラレールのテーマソングを歌っています。小さい時に遊んでいたおもちゃのCMに関われて感慨深い気持ちになりました。


それから、大和なでしこスタジアムでハーフタイムショーに出演しました。ライブハウスで活動していてはきっと出会えないサッカーファンの皆様の前で歌えてとても嬉しかったです。ホームチーム、アウェーチーム、選手の皆さん、サポーターの皆さん、スタッフの方、みなさんが優しくて私がファンになって帰ってきました。

最後に一言、お願いします

新年突然のワンマンからはじまり、とっても忙しい半年でした。初夏からは今回リリースの『おはこ煎じ』のレコーディングに追われ、今は12月新アルバムリリースに向けて曲作りをしています。そういえば先日も代打出演が当日の3~4時間前に決まって慌ててスタジオを飛び出してライブハウスに向かったってことがありましたね…(笑)CMやサッカー場でのイベント、楽曲提供など活動の幅も広がってきました! 急な告知、恐れ多いお仕事、たくさん皆さんを驚かせると思います。「百山はしょうがないなあ」なんて言いながら寄り添ってついて来てもらえると嬉しいです。これからも宜しくお願い致します!!

【ライブ告知 】
8/4 新宿キャッツホール
8/12 新宿レッドノーズ
8/25 井荻 チャイナスクエア
10/7 町田(詳細未定)学生時代のバンドでライブします
12/18 下北沢ブレス バースデーワンマンライブ
12/31 新宿キャッツホール カウントダウンライブ

【バックナンバー】
歌も本業、芝居も本業!それがももやま!
セカンドアルバム『百花辞典』には、音楽史や、百山節をふんだんに詰めました!
シンガーソングライターで役者の百山月花さんに100の質問
百人いれば百通りの夜がある、『百夜』に込めたのは無限の感情

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする