中国・上海生まれのOLシンガー、中国と日本の懸け橋になりたいです マナ

OLシンガーのマナです。中国の上海生まれですが、大学時代に来日し、5年ほど前に帰化しました。生まれたばかりの頃から芸能関係には関わっており、日本に来てからもIT関連会社に勤めながら『OLシンガー』として活動させていただいたり、モデルやナレーションのお仕事にも携わらせていただきました。将来は芸能活動を続けつつ、中国と日本の懸け橋になれるよう、頑張りたいと思っています。

芸能活動をはじめたきっかけを教えてください

最初に芸能活動をしたのは、生まれたばかりのときです。お母さんが私を抱っこして、散歩しているときに、たまたま近所でドラマの撮影が行われていたんです。そのとき、撮影スタッフに「こちらに来て」みたいな感じで呼ばれて、ワンシーンだけですが出演したそうです。お母さんは、私に芸能活動をしてもらいたかったらしく、3~4歳の頃には、いろいろとオーディションも受けました。この頃は、内気で人と話をするのも苦手だったので、なかなかオーディションの雰囲気に馴染めず、どれも合格しなかったそうです。

中学生になって、同じクラスの仲の良い女の子が、休日に芸能の学校に行くというので、私も一緒に通うことになりました。演技だけでなく、日本のアニメも好きだったので、1週間のうち、1日は演技、1日は声優の勉強をしていました。芸能学校での生活はとても楽しく、これをきっかけに性格が明るくなったように思います。私の演技でみんなに喜んでもらえると思うと嬉しかったし、自信にもなりました。結局、中学から高校にかけて、合計4年間通い続けました。高校卒業後も引き続き芸能を学ぼうと、芸能関係の大学に合格しましたが、中国では芸能の道は狭き門で、専門的に学んだとしても不安定なところもあったので、そちらは辞退し、日本語を学ぶ大学に進学しました。

ということは、一旦、芸能活動をあきらめたんですか

いいえ、大学は日本語関係のところに進みましたが、芸能活動には続けたいと思っていて、引き続きオーディションを受けたりしていました。あるとき、テレビ局のアナウンサーのオーディションに合格し、幼稚園とか小学校の低学年を紹介する番組で、アナウンサーとナレーションを担当したことがあります。ただ、大学3年生のときに、日本の大学に留学するチャンスが訪れ、母とも相談した結果、大阪に住むことになったんです。大阪の大学では主に心理学を勉強しました。来日後は学業が忙しく、なかなか芸能の道が開けず、しばらくの間、芸能活動を休止することにしました。

それでは、どんなきっかけでOLシンガーになったのですか

2012年に知り合いの方から、たまたま芸能トータルプロデュースをしているMIQ先生を紹介していただき、歌を習い始めました。当時、芸能活動は休止していましたが、常に頭の片隅には芸能への想いがあり、諦めきれなかったのだと思います。MIQ先生に歌を習い始めたのをきっかけに、歌手を目指すようになりました。女優や声優への憧れもありましたが、セリフとなると、どうしても外国人訛りがあるので難しいかなって感じていて、歌でなら言葉の壁を超えられるかなって思ったんです。それでいくつかのオーディションを受けたのですが、その中のひとつが『OLシンガー』でした。当時私は、東京でIT系の会社に就職しており、『日本の働く女性たちを元気にする夢のプロジェクト』である『OLシンガー』には惹かれるものがありました。一時審査通過後、渋谷での公開オーディションに合格し、歌手デビューすることが決まったんです。2014年4月には配信デビュー曲『The truth』もリリースされました。運命の人に出会うという、私にぴったりのバラード曲でした。

その後のOLシンガーとしての活動を教えてください

『OLシンガー』には、29人の歌が大好きなOLが参加していますが、ユニットではなく、基本的にソロ活動が中心でした。私は当時、都内中心にライブハウスに出演させていただき、デビュー曲『The truth』、アニメやバラードのカバー曲などを歌わせていただきました。そして、2015年の8月には、千葉ポートタワーで初のワンマンライブも開催したのですが、ここで私にとって忘れられない運命的な出会いがありました。たまたまお客様としていらっしゃっていた初対面の男性と女性が私の歌を聴いたのをきっかけに、意気投合して結婚することになったんです。歌詞が心に響いたそうで、女性から男性に電話で告白したのだそうです。その後も、私がキューピットだって言ってもらえて、結婚式にも招待していただきました。私のとっても、このご夫婦にとっても忘れられない出来事だったのだと思います。そして、2016年には、友達が作詞・作曲したセカンド配信曲『優しい雨』もリリースさせていただきました。

ソロだけでなく、ユニットとしての活動もしていたそうですね

はい、これまで2つのユニットに参加させていただきました。ひとつは、MIQ先生の生徒3人で結成したユニット『ウサシス』です。テクノポップ中心に、2曲をリリースし、CDも販売しました。アトランタなど、アメリカでも活動させていただきました。
そして、もうひとつのユニットは、モデル、ダンサー、舞台女優、OLシンガーなどからなる5人組ユニットです。幼稚園などで、パペット人形を持って踊りながら人形劇ミュージカルのようなステージを行っていました。現在はどちらも解散してしまいましたが、ソロとはまた違った楽しさや、発見があり、とても良い経験になりました。

趣味で占いを研究しているとのことですが…

大学時代に心理学を勉強していましたので、自分の趣味として占いには興味がありました。占いと心理学は、実は繋がっている部分があるんです。潜在意識や生まれた時の環境とかを見てみると、その人の悩みとか原因となっている事象もわかるんです。それを知らせてあげるだけで、心が元気になる場合もあるんですよ。こういうのが面白くて、占いを研究していますが、本当になんでもわかっちゃうんです。例えば、どんな職業に向いているかとか、その人の性格の中で隠れている部分とか…。人って、それぞれ生まれた場所や時間によって、運命というのは決まっているんです。もし、占いに興味があれば、生まれた場所と生年月日、生まれた正確な時間を教えていただければ、ズバリ占わせていただきます。私が出演するイベントなどでお声かけください。

現在、芸能活動は、一時的に休業しているそうですね

はい、今年になって、芸能活動は休止しています。少し前から、『ココナラ』というみんなの得意を売り買いするスキルのフリーマーケットに参加して、翻訳とか通訳サービスを行っています。中国語の文章のナレーションや、中国語での声優の仕事を受けることがあって、歌手や声優とは別な方法で、芸能の仕事は続けています。このフリマに参加するようになって、自分の能力が、こんなに人の役に立つんだという自信が芽生えてきていています。近いうちに、自分の語学力を活かして、日本と中国の懸け橋になれるような新たなビジネスを始めるつもりです。これらは、もともとの芸能の仕事があったからこそ、思いついたものだと思っています。今は休業していますが、OLシンガーを辞めたわけではないので、新たなビジネスに挑戦しながら、気持ちに余裕が出てきたら、また歌いたいと思います。

マナ Twitter

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする