まずは学業優先、そして、トップを目指して全力で頑張ります 杉たりお


こんにちは、女優の杉たりお、20歳です。4年ほど前から『アスタリスク』という事務所に所属していますが、学業中心に活動しているため、役者としての経験はそれほど多くなく、少しずつ、お仕事をいただいています。これまでは、舞台出演、自主製作映画作品、再現VTR、アーティストさんのPVなどに出演させていただきました。高校時代陸上部に所属していたので、体力には非常に自信があります!

現在、芸能事務所に所属しているとのことですが、その経緯を教えてください。

もともと人前に出るのが好きで、人に感動を与えられるようなお芝居がしたいと思っていました。あるとき、新人養成所の広告を見たときに、「今しかない!」と思って、親の意見も聞かずに、ここに入ろうと決心し、オーディションを受けに行きました。私は思い立ったらすぐに行動するタイプなんですよ。結果合格し約1年間、このタレントの養成所に通っていましたが、その時に、公開スカウトオーディションというのがあって、多くの芸能事務所の担当者の前で、自己アピールして声をかけていただきました。芸能関係の仕事を目指すことについて、両親の反対はありましたが、自分の夢を見つけられて、それに向かって行動できるなら、やらせてあげようということになって、学校卒業までは学業優先という条件付きで理解していただきました。現在事務所では、発声の練習、台本をもとにした2人一組での演技レッスンを毎週繰り返しています。

これまでの出演作品について教えてください。

養成所時代に出演したのが初めての舞台です。役はインチキ部長に従う演劇部の部員でした。本当はちゃんとした芝居がしたいのですが、部長が考えるコント中心の芝居を全力で演技するというものでした。「こんなんでブロードウェイに立てるわけないだろう!」という感じで、いつも部長に反抗していました(笑)。
そして、今年になって、山本周五郎原作の『日本婦道記』にも出演しました。 これは、映画監督のかわさきひろゆきさんが演出された舞台で、いくつも短編作品がある中で『風鈴』という作品に出させていただきました。私の役は3姉妹の末っ子でしたが、姉妹の中で一番の裕福で、人のこと気にせず、元気よく空気を読まないおてんばな女性「つる」の役でした。私は普段から元気だけが取り柄なところがあるので、この役をいただけたのだと思いますが、確かにつるちゃんと私は、色々と似ているところがありました。ただ、つるちゃんは私と違って、大人の女性ですので、その違いを表現出来るように演じさせていただきましたが、いろいろと考えさせられた作品でした。

あと、これから公開されるものですが、伏見優作監督の『サバ映画』に出演させていただきました。私の役は、精神的に少し病んでいて、人に心を開かない物静かな女の子です。ちょうど、『日本婦道記』のすぐ後に、この映画のクランクアップだったので、キャラの切り替えに苦労しました。これまで、自分は特に不自由なく生きてきたし、精神的に病むという経験もなかったので、『物静かなで変わった女の子』をどうやって表現したらいいんだろうって、自分なりに悩みながら役作りをしました。年内には公開になりますので見ていただけると嬉しいです。

普段はどんなことをして楽しんでいますか。

ふらふらと散歩するのが好きです。表参道とか原宿をよく一人で歩くんですが、全然知らないような道を探して、わざと迷子になっています。そして、気になるカフェを見つけたら入ってしまいます。また、山手線とか地下鉄なんかを途中下車して、大好きなももいろクローバーZさんとかモーニング娘。さんのような女性アイドルやアニソンの音楽を聴きながら、目的もなくふらふらと歩くことが多いです。カフェの雰囲気がとっても好きなんですが、カフェって洋風だったり和風だったり、メニューの違いだったり、それぞれのお店でいろいろと個性があるじゃないですか、その個性を楽しんでいます。
あとは、乙女ゲームが好きですね。もう私はとってもオタクなんですよ。そのキャラクターが気に入ると際限なくグッズとか買ってしまうんです。買うつもりが無いのに、かっこいいなって思っているうちに、気が付くと商品持ってレジの前に並んでいるんです(笑)。最近、薄桜鬼という時代物の乙女ゲームに出てくる新キャラの伊庭八郎がとても優しくて大好きになってしまいました。もう無駄遣いがハンパないです。

コスプレイヤーも時々やっているとのことですが。




高校は女子高だったので、なかなか恋をすることもなかったんですよ。演技の勉強していて、時々恋をするシーンとか出てくるんですが、そのたびに「恋をするってどんな感じなんだろうって思ってました。」そんなときに、乙女ゲームで疑似体験するうちに、徐々にアニメ系のオタクになってしまって、キャラクターに憧れを抱いていくなかで、去年の年末に、コスプレに興味を持つようになりました。好きなキャラクターは、アニメにもなっている『ディアボリックラヴァーズ』の無神コウという男性です。二重人格のアイドルなんですが、もうトキメキまくってます!コスプレ始めたきっかけはコウくんなんです!コスプレはやっていないんですが、『うたの☆プリンスさまっ♪』の神宮寺レンも大好きです。もうかっこよすぎて、ため息をついてしまうくらい好きなんです!これまでコスプレイベントは2回しか参加していませんが、仲間も増えてきたので、これからはもっと参加したいです。そしてもっとキャラのレパートリーを増やしたいです。

今後はどのように活動していきたいですか。

とりあえず学校は無事卒業して、その後は映画とか舞台のオーディションにたくさん挑戦していきたいですね。なので、オーディションが受けられるほどの実力になるよう全力で頑張りたいです。オーディションの雰囲気って緊張感が漂っていて好きなんです。もちろん受けるだけでなく、合格してメジャーになりたいです。憧れる人に憧れているだけじゃだめだから、いつか追いついて追い越せるようにトップを目指します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする