日本と台湾の架け橋からアジアの架け橋へ、皆さんに元気や勇気を与えたい 大岡愛

日本と台湾のハーフで、生まれも育ちも台湾の大岡愛です。日本と台湾の架け橋役となって、多くの方に元気や勇気を届けたくて、ライブで歌を歌ったり、インターネットのバラエティ番組に出演したり、短編映画に出演したりとマルチで活動しています。

芸能の世界に入ろうとしたきっかけから教えてください

はい、私はどちらかというとシャイでちょっとしたことで緊張してしまうので、芸能活動に向いているとは思っていませんでした。それでも台湾にいる頃、友達が芸能事務所のオーディションを受けるというので、付き添いで行ったことがあります。そのとき、担当の方が私にもやってみたらと言われ、そのときは楽しそうだなとは思いましたが、事務所に入るところまではいきませんでした。

その後、たまたま友達の誕生日に歌を歌う機会があり、人を励ますような歌を歌ったのですが、みんなが凄く感動してくれて、歌手になったらと薦められました。それをきっかけに、歌を通じて、誰かを元気にしたり、人の役にたてたらいいなと思って、台湾で活動を始めたんです。初めは歌のお仕事が中心でしたが、徐々に読者モデルやバラエティ番組にも出演するようになりました。

日本に来てどうやって芸能活動を始めたのですか

台湾での活動にも少しづつ慣れてきた頃、家庭の事情で日本に来ることになりました。せっかく台湾で芸能活動を行ってきたのだから、日本でも続けていきたいと思っていたし、台湾の友達も凄く応援してくれたので、またいちから頑張ろうという気持ちでした。日本のオーディションをいっぱい受けたり、コンテストに出場したりしましたが、なかなか思うようにはいきませんでした。芸能活動は厳しい世界だと実感し、挫折もしました。でも、日本で歌いたいという気持ちが強かったし、当時、一番好きなのは歌だったので、また頑張ってみようかなって思いなおしたんです。

日本でのデビューについて教えてください

はい、その後、『珈音列車(かのんれっしゃ)』というボーカルとピアノの女性二人組のユニットを組みました。世界で誰もが知っている名曲カノンにあやかって『珈音列車』というユニット名にしたんです。カノンみたいに世帯・人種・性別を問わず、音楽を通じて色んな方を癒せたらなと思ったんです。この頃から日本と台湾の架け橋になろうって思うようになっていたと思います。

ライブハウスを中心に、日本と台湾のバラードのカバー曲やオリジナル曲を中心に歌っていました。でも、お互い忙しくなり、2~3年でユニットは休止し、その後は、ギターの方と一緒になったりしながら、私自身はライブ活動を継続していました。

オリジナル曲について教えてください

はい、はじめて作っていただいたのが『お母さんへ』という曲です。お母さんは私を育てるためにいろいろ苦労してました。お母さんとは喧嘩もしたんですが、それは自分のことを思ってくれていたからだし、感謝の気持ちでいっぱいです。その気持ちをなかなか直接伝えられないので、歌にしていただいたんです。

オリジナル曲は全部で5曲作っていただきましたが、自分はシャイだけど、こんな自分でも人前にでて頑張っているんだよみたいな感じで、どれも前向きで、人にエールを送るようなものになっています。まだCD化はされていませんが、近いうちにCD化も考えています。ぜひ皆さんに聞いてほしいなと思っています。

それでは、最近の活動について伺います、インターネット放送について教えてください

昨年の11月から、『浜田ブリトニーのニャンニャンはじまるよ!』、『浜田ブリトニーの穴』の2本にレギュラー出演させていただいています。どちらも浜田ブリトニーさんの番組ですが、毎月1回、それぞれ『FRESH!』で生放送しています。毎回8名前後の方が出演し、最初に必ずあるのが各自のファッションチェック、そして、それぞれがお題を出してヒントをもらいながらそのお題が何だったかを当てるクイズ、あとは各出演者のコーナーなどからなっています。それぞれ、良かった人とか、正解した人にポイントが与えられ、最後に最下位の人が罰ゲームとして不味い飲み物を飲まされちゃうんです。私は自分のコーナーで台湾のことをいろいろ紹介させていただいています。

他にも占い師の蘭萃さんのトーク番組『ラッキー☆オールマイティー』に、3回ほど出演させていただき、エンタメ女子でも紹介された蜜咲ばぅちゃんと、共演させていただきました。また、流行学園『Doさん子たぃむ217』というバラエティ番組にもにゲスト出演させていただき、ここでも台湾についていろいろお話させていただきました。

ラジオにも出演しているそうですね

はい、『FLAP RADIO』というラジオ局の番組に定期的に出演させていただき、私の曲を流していただいたりとか、台湾の見どころ、食べ物、中国語講座などさせていただいてます。
台湾の漢字の使い方と日本の漢字の使い方は割と似ているんですが、『娘』は。おかあさんのことだし、『手紙』はトイレットペーパーのことのように、全然違っていることも多いんです。それをクイズ形式にして紹介したりもしています。

また、2月から『ラジオ成田』でレギュラー番組が始まります。成田空港から海外に出かける方に向けた放送で、ここでもいっぱい台湾の紹介をしたいと思っています。

今は短編映画の撮影で毎日忙しいそうですね

はい、映画には3本ほど出演する予定で、うち1本はもう撮影が終了して、近日中にYouTubeで公開されると思います。別の1本は、今まさに撮影中で、これは、映画祭に出品することを目指しているものです。そしてもう1本は、近日中に撮影が始まる予定です。既に撮影が始まっている2本については、どちらも友情とかをテーマにし、人に勇気を与えられるような映画です。

映画関連でいうと、以前、映画の台本を翻訳するお仕事をしたことがあります。そのときは、気が付かなかったのですが、実際に自分が演じる側になってはじめて、役者さんって大変だなって感じました。自分が出演したことで、映画についていろいろと見方が変わってきたのだと思います。でも撮影は楽しいし、すごくいい経験をさせていただいています。

千葉テレビの番組にレギュラー出演しているそうですが

はい、『ダイヤモンド☆コレクション~KiraKira☆Magicキラ☆マジ』という深夜番組に月に1回、レギュラー出演させていただいてます。この番組は、千葉県の観光スポットやイベント、名物、お店を紹介する番組です。この中でも、『日本と台湾の架け橋』という立場を意識して、機会あるごとに、台湾の紹介をさせていただいてます。

まだファン感謝祭を開いてお披露目をしたばかりですが、この番組のレギュラーを『キラ☆マジガール』というグループにして新たな活動をしようという企画も始まろうとしています。今年は皆さんの前に登場することがあるかもしれませんよ。

最後に今後の活動について教えてください

私は世界の人種とか年齢とか性別とか関係なく。皆さんに元気とか勇気をつけられたらいいなあっていつも思っています。世界が平和になるように、みんなが笑顔になるように、そんな癒しの存在でいたいのです。現在の夢は、日本と台湾の架け橋から、テレサテンさんやビビアン・スーさんのように、日本とアジアの懸け橋になっていきたいです。

一昨年くらいまで、ライブ中心の活動でしたが、今はマルチな活動に変わりつつあり、ライブで皆さんの前で歌うことも少なくなってきました。でも、2月25日(日)に久しぶりにライブ出演します。もしかしたらここでCD発売もあるかもしれません。興味を持っていただいた方、ぜひ足を運んでいただければ嬉しいです。
  • 2月25日(日)秋葉原『秋田犬』12時~15時