アーティストの育成、ママシンガーとして音楽業界を盛り上げたい NAMI

ボーカル教室『DIVAROOM』主宰と、インディーズアーティストの支援団体『FreeHub』の副代表を務めるNAMIです。
もともとは自ら音楽活動を行っていたのですが、2017年に結婚し、現在は、生まれて間もない子供を抱えていることから、スカイプを使った遠隔ボイストレーニングや、異業種交流会の開催など、アーティストの育成に力を注いでいます。
美容師の資格を持ち、大変な美容健康オタクで、これらの技術や知識を活動に活かしつつ、ゆくゆくは『ママシンガー』として音楽活動を再開したい、同じ意思を持ったママさんをサポートしたいと思っています。

音楽を始めたきっかけを教えてください

高校時代、私はボランティアに興味があったので、ボランティア部に入り、部長も務めていました。部活動の一環で、地域のお祭りのお手伝いなどをしていたのですが、出演するミュージシャンには、とても可愛がっていただきました。ある日、「NAMIちゃんも歌ってみなよ」と勧められ、1か月後のお祭りに急遽出演することになったんです。当時私は、全く音楽には関わっておらず、もちろん楽器もほぼ経験が無かったので、ギターを買うところからはじめ、一から十までいろいろと教えていただきました。その後の3週間は、毎日、半日以上ギターを練習し、なんとか弾き語りができるまでになったんです。お祭りでは、当時好きだったブリトニー・スピアーズのバラードとかぐや姫の『22歳の別れ』の2曲を歌いました。これをきっかけに、毎月開催されていたお祭りの他、地元藤沢駅前での路上ライブを中心に音楽活動するようになりました。

ボランティアをきっかけに、テレビやラジオにも出演したそうですね

はい、高校生のとき、テレビ朝日の『ストリートファイターズ』というインディーズミュージシャンを紹介する番組に出させていただきました。当時ボランティア部を通じて『レディオ湘南』というラジオ局のアシスタントのお手伝いもしていたのですが、その時、お世話になっていたDJさんが、平成元年生まれのアーティストを探していたんです。私はたまたま平成元年生まれだったのでお話を伺ってみると、テレビ出演のことだったんです。江ノ島の海岸を歩いているところとか、駅前で歌っている姿とか、アーティスト同士で喋っているところとか、3日間くらいかけていろいろ撮っていただきましたね。インタビューもされてしっかり放送されました。そうですね、ラジオは、どちらも音楽番組だったのですが、高校生の頃は『レディオ湘南』で『湘南まちかどミュージック』という番組に、大学生の頃は『FM湘南ナパサ』で『ミュージックフライデー』コーナーに出演させていただきました。

ミュージシャンとしての活動はどうだったのですか

大学に入ってからは、ガールズバンドを結成して、学園祭に出演しました。残念ながら、このバンドでの活動はこの1回だけになってしまったのですが、その後は、音楽サークルの部長になり、後輩の指導を行ってました。また、学外でもソロで路上ライブをやったり、ライブハウスで歌ったりしていました。社会人になってからは、またバンドがやりたくなり、メンバー募集サイトで出会ったメンバーと『NAMI REVOLUTION』というバンドを結成したんです。当時は曲作りとレコーディングを繰り返していた感じで、約2年くらいの間に、3枚のオリジナルのミニアルバムをリリースしました。私はロックが好きで、ほぼロック調の曲を歌っていましたね。

現在の旦那さんとは、この頃出会ったのですね

そうですね、今の主人と出会ったのは24歳の時、ちょうどミニアルバムを3枚出した後くらいだったと思います。やはりメンバー募集サイトで知り合いました。バンド活動を続けていく中で何度かメンバーが入れ替わったのですが、唯一残ってくれていたのが主人で、私がソロ活動する時もサポートとして協力してもらってました。2016年のバースデーライブの際に、4枚目のミニアルバム『BIRTHDAY』をリリースしたのですが、ひたすらスタジオで練習し、レコーディングに明け暮れていましたね。買ってくれた方がお友達とかにプレゼントで渡してもらえるようなCDにしたかったんです。この頃が一番音楽をやっていた感じでした、なので、やりきった感が凄くありました。後輩の指導に力を注ぎはじめ、ボイストレーナーを始めたのもこの頃でした。主人とは結婚する前から、一緒にイベントを開催し、私が指導した後輩をステージに上げては、育てていくということを繰り返していました。この一連の活動が、現在、主人が代表、私が副代表を務めている『FreeHub』の前身と言えるのだと思います。

『FreeHub』の活動の一環で、異業種交流会を開催してるそうですね

はい、アーティストって、アーティスト同士とか、お客さん以外でなかなか新たな繋がりが作る機会がないんです。そういう人が人脈を作る機会になればいいなと思って始めました。私は『FreeHub』の副代表として、普段はアーティストのケアやアドバイスなどを行っていますが、異業種交流会では、アーティストさんはもちろん、カメラマンや映像作家さんなど、音楽と関わりがある方だけでなく飲食店の経営者の方、起業家の方など、音楽活動とは直接関係のない人が参加することもあります。最近では、料理付きのイベントがあったりするので、飲食店だってアーティスト活動と無関係というわけではないんですよ。


昨年10月の第1回目は、皆さんの自己紹介から始め、交流タイム、アーティストによるミニライブなどを行い、非常に好評でした。第2回目は、来月の2月17日を予定しています。
今回は交流会の前に江ノ島・鎌倉散策なども入れているので、もっと多くの交流が楽しめるものと思います。既に定員近いお申し込みをいただいておりますが、ご興味があれば、お早めにこちらからお問い合わせください。

主宰するボイストレーニング教室では、ちょっと独特なボイストレーニングをしているとのことですが

独特なのかどうかはわかりませんが、スカイプを使った遠隔のボイストレーニングを行っています。日本ではまだ対面式のトレーニングが主流ですので、遠隔のボイストレーニングなど邪道だと思われる方が多いかもしれません。しかし、私自身もアメリカ在住の師匠から、スカイプを使ってアメリカの最新のボイストレーニングの基礎を学び、自身のメソッドに取り入れるなどして遠隔でのトレーニングで技術を磨きました。場所や時間を選ばず、いつでもどこでもできるので、私もこの方法で指導させていただいてます。

この方法のメリットとして、例えば、これから上京して音楽活動を始めたいと思っている人には、数か月前から指導を開始することで、上京時には、知識、声の出し方、歌い方のコツなどを習得し、すぐにステージに立って歌うことができるんです。また、生徒さんの交通費や移動時間、スタジオ代の負担がなくなり、対面式のトレーニングの半額以下でレッスンが出来るというメリットもあります。


ボイストレーニングって、効果があるかどうかは、対面で指導するかどうかとはあまり関係ないと思っています。もちろん、時には対面指導が必要な場面もありますが、多くの人は歌い方を一度教わっただけでは上手くなりません。教わったことを反復練習して、はじめて上手くなるものだと思っています。2回目以降のレッスンは教えたことがきちんと身についているか、間違った練習をしていないかを確認する場所でもあります。つまり対面指導だろうが、スカイプの指導だろうが、効果にほとんど違いはありません。興味のある方は30分の無料体験スカイプレッスンもやっているので、ぜひ、お試しください。

美容師とか、健康オタクについても少し聞かせてください

はい、私の父と母はどちらも美容師なんです。私も美容学校を卒業して、音楽活動しながら7年くらい現場で美容師をやってました。美容師をやっていると最先端の美容法や知識が入ってくるので、アーティストを育てるのに大変役立っています。また、中学の頃からの健康オタクです。月並みな言葉ですが、健康って凄く大事だと思うんです。最近は、食べ物だったり、自分の環境など、それをおろそかにしてる人が多いと思います。私は、美容師やりながら、食事についても調味料からこだわり、野菜などは無農薬のものを食べるようにしました。健康的な食生活、美容を心掛けるだけでもいろいろと変わってきます。生活も変われば世の中も変わっていく、そのように生徒を指導しています。

最後に、『ママシンガー』の野望について聞かせてください

アーティスト活動に限ったわけではないですが、子供ができるとそれまでの仕事、活動を諦めざるを得ない人が少なくありません。子供を預かってくれるところがないとか、ライブハウスなどは、喫煙可のところも多くて、子供を連れて行くことはできません。現状では、子連れでアーティスト活動は簡単ではないのです。
カフェのような開かれた場所、子供が遊べるようなところでライブができるなら、ママになっても歌を歌い続けることができるかもしれません。それなら、私自身も続けられるだろうし、同じような気持ちの人も賛同してくれるような気がします。世の中の埋もれてるママさんたちを引き上げたい。私の知り合いに何人かママさんシンガーいるので、まず、身近なところから試験的に1年間、始めてみようと思ってます。そこでの経験をもとに、徐々にママシンガーの集いなどを開催して、その輪を広げていきたいし、私自身も活動したいと思っているんです。『FreeHub』同様、ママシンガーNAMIも見守っていただけると嬉しいです。