保育士をしながらシンガーソングライターとして活動しています mai

保育士の傍ら都内でライブ活動を行っている青森県出身のmaiです。もともと引っ込み思案な性格で人前に出て喋ったりするのが苦手でしたが、音楽を通じて徐々に何かを表現することが好きになってきました。まだライブに出演する頻度は多くありませんが、一度私の歌を聴きに来ていただけると嬉しいです。

音楽を始めたきっかけを教えてください

子供の頃から、歌を歌うことは好きでしたが、もともと引っ込み思案の性格なので、人前で歌を歌うなんて考えたこともありませんでした。小学生の時、友達に誘われ合唱部に入ったのですが、みんなからの投票で部長に選ばれてしまったんです。私は、勉強も運動もそんなにできないしドジな性格で、リーダーシップとかを発揮できるタイプではなかったのに、歌を褒めてもらったり、部長になって部をまとめるという経験をしたことで、小学生ながら初めて自分自身を認めてもらえたという喜びがありました。それから歌がより一層好きになり友だちとカラオケに行ったり、社会人になりユニット組んで歌を歌っていた時もありました。

では、どうして音楽の道ではなく、保育士になったのですか

親戚の子どものお世話をすることも多く子どもは好きだったし、自分が幼稚園の頃に凄く好きだった先生がいて、その先生への憧れがありました。そんなこともあって、現実的な進路として保育士を目指すことにしたんです。保育士はやりがいもあったし、子どもたちも可愛くて、自分に向いている仕事だと思っていました。その当時、クラスの担任を持ちたいという目標があったんですが、その目標も達成することができました。

保育士としての目標達成が音楽を目指すきっかけとなったんですね

はい、そうです。保育士としての目標を達成したということで、再び音楽への想いが強くなってきたんです。それで、まずは音楽の学校に行こうと東京に出てきました。当時はまだ勉強したいという気持ちが強かったので、音楽の理論などを1年勉強したいと思ってました。また、その頃は人前で歌うシンガーよりもライブの企画など、どちらかというと裏方的な仕事をやりたいと思っていました。もちろん、ピアノの練習もしたのですが、弾き語りをできるほど上手く弾けたわけではなく、趣味で、好きなアーティストさんの曲を弾いたりする程度でした。口下手だし、話しをするとか、表現することが凄く苦手だったし、人前で歌うのが恥ずかしくて、シンガーになるのは無理だと考えていました。今も口下手なのは変わりませんが(笑)

では、なぜ、ライブに出るようになったのですか

音楽の学校に通っている頃、学校主催のライブに出る機会が何度かありました。友達と一緒に出演し、カバー曲を中心に歌っていました。学校ではオリジナル曲も作っていたので、卒業間際の頃には、友達と作ったオリジナル曲を歌うこともありました。こうして、少しづつ人前で歌うことを楽しめるようになってきたのだと思います。楽器は上手ではなかったので弾き語りはしませんでしたが、自分がやりたかったことってこういうことだったんだ、歌で表現することは凄く楽しいって思えるようになったんです。そんなこともあって、もっとライブ活動を続けたいと思いました。エンタメ女子でも紹介されている行万里さきさんと知り合ったのはこの時期で、同級生で同じ授業を受けていました。

音楽の学校を卒業後は、どんな活動をしてきたのですか

学校卒業後は保育士をしながら音楽活動を両立できないかなって思って、保育士の仕事の傍ら、定期的に音楽のレッスンは通いながら、オリジナル曲も作っていました。友達に誘われて、何度かライブにも出演して、カバー曲を中心に歌っていましたが、まだ両立できているというほどではありませんでした。昨年9月、シンガーソングライターの行万里さきさんが「一緒にライブに出ない?」とライブに誘ってくれたんです。そのときに、さきちゃんから「ピアノの弾き語り、頑張ってみなよ。」と励まされ背中を押された形で、弾き語りをするようになりました。弾き語りは緊張したけど自分の曲を自分の力で表現できました。そんなに上手にはできなかったけど、勇気を出してできたことがとても嬉しかったです。

それではオリジナル曲を紹介してください

はい、実は、小さいときから、遊びで曲作りしていましたが、音楽の学校に行ってから本格的に作詞・作曲をするようになりました。ひとつのジャンルにとどまらずいろんなジャンルの曲を作っていきたいと思っています。保育士としての経験を生かした歌もいつか作れたらいいなとも思っていて今まで出逢ってきた子どもたちのことを思った歌を作って発信したいという夢もあります。ここで、ライブで歌ったことのある曲を簡単に紹介させていただきます。
  1. オリオン 星座のオリオン座の話をもとに作った曲です。好きな人と離れ離れになってもまたどこかで巡り逢いたいという想いをこめた歌になっています。
  2. 卵と羽 これは自分のことを歌った曲です。勇気が無くてなかなか一歩を踏み出せないでいるけど、その一歩を踏み出して前に進んでいこうという想いを歌った歌です。
  3. 泳ぐ魚 日々生きていると生きづらさを感じることが沢山あるけどいつか命が終わってしまうのなら、今を精一杯生きていきたいという想いを込めた歌です。

私の曲作りの方法は、多くの場合、詩とメロディーが一緒に思いつきます。それでまずは全体像を作って、そこにコードを入れていってます。曲作りについても日々勉強中です。
現在、自分にとっての代表作になるような曲を作っています。まだしばらくライブの予定が無いですが、近いうちに披露させていただけたら嬉しいなと思っています。

どのようなシンガーを目指しているのですか

人の心を動かせるような歌を届けられるシンガーを目指しています。私はつい最近まで、自分自身がただ歌いたいから歌うという気持ちでステージに立っていました。しかしそれは一方通行のようなもので、聴いてくださるお客様に対してどうなのか?それならカラオケでいいじゃん等と自問自答していました。そんな時、あるお客さんから、「表現力があって、悲しかったりとか嬉しかったりと感情が凄く伝わってくる歌声でとても素敵でした。」とお褒めの言葉を頂き、その言葉が凄く嬉しかったんです。その時に私自身も好きなアーティストの曲を聴いて楽しい気持ちになったり、悲しい気持ちになったりと音楽を聴くといつも心が動かされる感覚があったことを思い出して、私もそんなふうに人の心を動かせるようなシンガーになりたいと思いました。
もともと表現するのが苦手な私でしたが、音楽を通じて自分を表現することが好きになってきました。ほんの趣味の範囲ですが、絵を描くことが好きで、余暇を利用してイラストを描いています。これも自己表現のひとつになればと思っていますが、歌だけでなく、いろいろなものを通じて表現者になれたらいいなって思っています。

今後の活動について教えてください

オリジナル曲ももっと増やして、ワンマンライブをやったり、CDも作ってみたいです。今までやったことのないことに沢山挑戦できたらいいなと思っています。実は去年の秋くらいからギターも練習しているんです。ピアノだけでなく色んな楽器で表現したいと思うようになってきて将来的にはギターの弾き語りにも挑戦したいです。楽器ってどれも難しいですよね。まだまだ時間がかかりそうですが頑張りたいと思います。
また地元が青森なのですが、地元で活躍されてるアーティストさんがいて青森の活性化に貢献されてる姿を見て自分自身も将来的に地元の活性化に貢献できるような活動を行ってみたいという夢も抱いています。

最後に一言お願いします。

弾き語りでのライブ活動はまだ始めたばかりですが、その中で主催してくださる主催者の方々、スタッフの方々、共演してくださる共演者の方、そして聴いてくださり応援してくれるお客様…、沢山の方と出逢い、その方々がいなければ続けることが出来なかったと思っています。私一人の力じゃ何一つできませんでした。そしてこれからもそうだと思います。これからも一人一人の方との出逢いに感謝して歩幅は小さくても私なりに一歩ずつ着実に前に進んで行きたいと思っています。その中で今まで沢山頂いたご恩を皆さんに少しでも恩返ししていけるように頑張りたいです。これからもどうぞよろしくお願いします。

Twitter

シェアする

フォローする