ゆるゆるの弾き語りユニット、お客様を全力で楽しませます! aco♡aco(アコマコ)


キュート担当のacoがギター、セクシー担当のMacoがピアノの弾き語りをする『ゆるゆる弾き語りユニット』です。二人でアコマコというユニット名ですが、macoの『m』を『』で書くようにしているので、正式には『acoaco』のように、acoとacoの間に『』を書いてアコマコといいます。楽器の弾き語りで歌ってますが、二人とも若干危なっかしいところがあり、その緩さから『ゆるゆる弾き語りユニット』という名称を付けました。

二人がユニットを組んだきっかけは何だったんですか。

maco もともとは、二人ともバンドマンで、別々のバンドでボーカルとして活動していました。対バンすることも多く、お互いよく知ってました。私の場合、4年くらい前に、仲間が地元に帰ってしまうとかで、バンドを続けていくことが難しい状況になり、バンドそのものが休止になってしまったんです。なんとか、バンドの名前を背負って一人でもいいから活動しようと思ってピアノの弾き語りにも挑戦しようとしましたが、私にはなかなか難しく、たまたま、当時同じ事務所で同じタイミングで活動が休止になったバンドのギタリストと組んで活動していた時期もありました。

aco 私もバンドはやっていたけど、メンバーの都合もあってなかなかライブができなかったんですね。だったらバンドの名前を背負って一人でも活動できるようにしないといけないなと思ってアコギ1本で弾き語りをしようと思っていたんです。そんな時、たまたま出たライブでまこちゃんがピアノの弾き語りをしているのを見てわたしも行動に移そう!とまこちゃんのステージに背中を押してもらい弾き語りライブを始めました。二人とも同じ時期に、同じような境遇で、弾き語りを始めようと思った感じです。そんなこともあって、最初は別々のユニットとして、一緒にライブをやるようになり、いつかは、二人でユニット組んでやりたいねなんて言っていました。

maco そうですね、当時は、やりたいという気持ちだけはあったんですが、歌いながら楽器を弾くことが本当にできなかったです。リズムを刻みながら歌を歌うことの難しさをひしひしと感じてました。全く壊滅状態で、できる曲を探せど探せど出てこないという状態でしたので、結局、ユニットを組むというのは、4年前に一度お蔵入りになったんです。


aco ただ、イベントで1曲だけ一緒にやることができたんだよね。

maco そうだね、お互い練習いっぱいしていつか一緒にユニットやろう!って約束したんです。それからお互い3年程練習を続けていました。私は、小さい頃少しだけピアノをやってましたが、ずっと歌しかやってこなかったので、ピアノが苦手だったんです。acoaco始める少し前の頃なんかは、毎日1日8時間練習して、ある程度まではできるようにしなきゃと思って必死でしたね。

aco わたしはとにかくギターや弾き語りライブになれる為に一人だったり同じバンドのメンバーといろんな場所で弾き語りライブをしていました。そんな時に私がすごくお世話になっていたライブハウスのスタッフさんが新しくライブハウスを設立する事になり、是非イベントを開催してほしい!とお願いされたんです。それなら、まこちゃんとやりたいと思って誘いました。最初は二人のユニットというよりは、それぞれのバンドで出演しようとしていたのですが、せっかくなので、オープニングアクト的な感じで弾き語りもやってみようということになったんです。それで、去年の8月に初めて、二人でライブを行うことができたんです。最初この日一日限定のユニットのつもりでした。

acoacoはゆるゆるユニットだそうですが、どういうことですか。

maco 実はバンド時代、その道一本というような方と一緒にやっている中で、自分はピアノもなかなか上達しないし、ライブそのものを楽しみきれない状況が続いていたんです。もちろん歌だけだったら楽しくできるんですが、ピアノを弾くことを考えるといつもプレッシャーばかりで、自分のふがいなさからライブのたびに泣いていたんです。そんな状況の中であきんことやったときに凄い楽しかったんです。二人ともスタイルが似ていることもあったのですが、ちょっと弾いている二人というのがとてもよくって、「間違ったらどうしよう。」というプレッシャーから解放されて、「間違っても楽しければいいじゃん。」って思えるようになったんです。

aco そうなんですよ、楽器は間違ってしまうかもしれないけど、それ以外のことでカバーできるじゃんって思えるようになったんです。そうしたら、そのステージをお客さんに楽しんでいただくにはどうしたらいいか、それを考えるのが楽しくなって、こういうのもいいなって思うようになったんです。

maco 歌がメインの二人だから楽器は楽しく弾こうというコンセプトなので、『ゆるゆるの弾き語りユニット』と呼んでいるんです。

aco リハに入ったときは必ず動画をアップするんですが、見てくれた方から、「おもしろい!楽しい!」って声をたくさんもらえて、それがとっても嬉しいです。これまでは間違えるなんてありえない、間違えていいなんて思ってもいなかったのに、「いいかあ」なんて感じで、それが自分たちも楽しいし、見てくれた方にも2人の楽しさが伝わっているのかなと感じています。

maco この間の動画なんて、自分たちで作っている歌なのに、歌詞「ほにゃらら」なんて言ってたし…、そんなところもお楽しみのひとつかもしれません。とにかく『楽しさ』がモットーのユニットです。

これまで何回くらいライブをしましたか、ライブの特徴があれば、教えてください。

maco これまでに3~4回ライブやりました。まだそんな程度しかやってないのに、7月には代々木公園でのライブにも出演させていただきました。

aco そういえば、いっつもなんかのイベントと被っていて、必ず何かコスプレしてるよね。去年の8月のライブは、たまたま二人が持っていたおそろいのTシャツで出て、次が10月にハロウィンライブでコスプレして、そしてその次がクリスマスでサンタクロースの格好で演奏しました。

maco コスプレバンドみたいだねって言われてたよね。ここまでするんだったら、次もということでヅラを購入、ますますコスプレを極めるようになってましたね。

ライブではどんな歌を歌ってますか。

maco 最初はカバーだったよね。8月だったから夏の歌のカバーが中心でした。

aco Whiteberryの『夏祭り』だったり、ゆずの『夏色』だったり…

maco ハロウィンのライブからオリジナルも半分くらい入れたよね。オリジナル曲は一緒に作ってそれぞれ持っていったのを合わせたりしましたね。

aco 全部で4曲やったね。

maco ひとつはうちの犬の歌です。うちの犬が『ゆず』って言うんですが、餌が欲しいという歌です。あとは、『チョコレートが食べたい』っていう歌で、ただチョコレートが食べたくて書いた歌です。

aco それと『ハッピーラブ』、これはお互いがギターとピアノで一生懸命になりずぎて、あまり眼を合わせられなかったので、同じコードでここなら眼を合わせられるだろうって作った歌です。

maco あと1曲は『はじまりの歌』かなあ。これは、ライブが始まる前に今日のライブについて語る歌で、歌詞が決まっていないんです。実は、これ以外にも曲はいっぱいあるんですが、楽器の技術が足りなくて、ピアノを弾きながらとかギターを弾きながらとなると、今の私たちにはできるのが少ないんですよ。
そうそう、Youtubeのチャンネルもありますので、よろしければご覧ください。

今後はどのように活動していく予定ですか?

maco もう少しオリジナルも増やしてCD出したいですね。あと、技術があればやれる曲も増えるので、技術を磨きたいです。まずは、ピアノを好きになりたいです。そして、10月4日(火)と8日(土)にライブがあります。

aco 4日の方は、それぞれのソロライブです。私はギター1本で、まこちゃんはピアノで弾き語りします。私は今回初めてソロ弾き語りCDを出すんですが、そこに入っている曲を弾き語りで歌います。もしかしたら、こういう形でソロでやるのはもう無いかもしれないです。

maco 実は、あきんこが生配信サイト『ツイキャス』のサポーターフォロー数3000人達成を記念して開催するイベントなので出るんですが、本当のことを言うとあまり出たくないんです(笑)ピアノ一人?生まれて初めてですよ。どうすんのって感じです。不安しかないです。バンドのときの曲をアレンジして一人でやります。

aco そして、8日は、acoacoでやります。転換アクトです。転換の時間を使って、それを繋ぐっていう役割です。余興のような出演です。ただ、私はバンドでも出ます。

maco 実は、acoacoで構想があるんです。来てくれるお客さんをもてなすホームパーティライブみたいなのをやってみたいです。どこかを貸し切って食事も出して、お酒も私たちが作ってもてなすような…。バンドのときって、お客さんとちゃんと話したりとかもなかったので、せっかくのゆるいユニットなので、みんなでゆっくり楽しめるものをやってみたいですね。ぜひ皆さん、これからも応援、よろしくお願いします。

acoプロフィール

『danny』という3人組のバンドで活動しています。もともとは4人編成でしたが、ベースのメンバーが脱退して現在3人となっています。ベースが脱退してからは、私がベースを弾きながら、歌を歌っています。主に都内、下北沢とかを中心にライブしています。今年で『danny』もバンドとしてちょうど5周年なので、ちゃんとお祝いしたいなという気持ちがあります。今年1年かけて、イベント2本と12月にはワンマンライブを企画しています。初めて3人で作ったCD出して、9月にはグッズも出して、12月にはミニアルバムの発売も予定しています。来年は、そのミニアルバムを持って地方にも行けたらいいなって思っています。
ブログ Twitter

macoプロフィール

『らじるし』というバンドのマコです。これが10年以上やっているバンドなんですが、ここではボーカルのみをやってます。このバンドでいろんなコンテストにも出てベストボーカル賞をいただいたりして、ちょっと注目されて、エイベックスからデビューしました。これが私の基盤で、当時は修学旅行生向けの逆ツアーなんていうのもやってました。これは、東京に来ている修学旅行生を呼んでライブを行うというもので、平日は毎日2本づつやってました。そして土日は地方に行ってライブという毎日でした。そのあとはボイストレーナーの仕事をしながら、作詞家をやったりもしています。
ブログ Twitter

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする